BlackBerry Classic(2年経過)

 緩慢な動作にも慣れてしまえば…画面を消しても動作を継続させられる点や時間泥棒されないプラス面を甘めに評価すると、もう少し手にしている人が居ても良いと思わないでも…ない。個人的には、モバイルスイカを使えるのであれば、バックアップの1台を買っておきたいくらい。

  • Evernote
    • 他OSと同様な使用感。
  • Mail for Gmail
    • 結局、ブラウザに回帰し、使用しなくなった。
  • CutePress
    • 使用頻度は低いが、コメントへの返信時には重宝している。
  • SmartNews*
    • 動画が埋め込まれているニュースにアクセスできないのが唯一の難点。
  • カレンダー(純正)
    • 問題なく使用できるレベルだが、便利とは言えない。
  • Chrome*
  • マップ(GoogleMap)*
    • 起動に時間を要するが、カーナビ機能は問題なく動く。
  • Twitter
    • 複数アカウントにも対応しており、全く問題なし。
  • Facebook
    • 結局、ブラウザに回帰し、使用しなくなった。
  • LINE
    • 通話を含め、問題なく利用できる。
  • Box
    • 非常に便利で、使い続けている。
  • Connect to Dropbox
    • Boxと同様に非常に便利。
  • Remember
    • linoitに移行。
  • 天気
  • linoit*
    • オンラインで利用できる付箋。
  • Wikipedia for BlackBerry
  • FastTube
    • 非常に便利に利用を継続。
  • FancyTran
  • RocoEarthquake
  • 音楽
    • Bluetoothでの操作可能(SBH60)
  • みおぽん*

*androidアプリ

広告

DropBoxの同期フォルダをSDカードに変更

7年ほどトラブルなく利用できており、容量も必要充分なDropBox。
しかしながら、Boxのように「同期しない」を選択できないため、3年目のVaio側に問題が…。
SSD換装も考えたが、全く問題ない状態での開腹は避けたいので、今回はSDカードを利用することに決定。
容量は128GBを止めて、速度重視で64GBを選択。
最終的には、Lexar Professional 1000x SDHC/SDXC UHS-IIカードとした。

なお、SDカードを装着し、DropBoxの同期設定を変更しても「リムーバブルメディアのため指定できない」と表示が出てしまう。
そのため、以下の作業が必要となる。

  • インターネット接続を切る。
  • DropBoxフォルダのバックアップをとる。
  • SDカードをNTFSでフォーマットし、プロパティを開く。
  • ハードウェアタブを選択して、SDカードを選択して、プロパティを開く。
  • 全般タブ内>設定の変更>ポリシータブを選択する。
  • 取り外しのポリシーで「高パフォーマンス」を選択する。
  • C:に「sdcard」フォルダを作成する。
  • コンピュータを右クリックし、管理を選択する。
  • 記憶域>ディスクの管理>D:(SDカード)を右クリックし、ドライブ文字とパスの変更を選択する。
  • 追加ボタン>参照ボタンをクリックし、上記で作成した「sdcard」フォルダを指定する。
  • インターネットに接続し、DropBoxの基本設定>アカウントを選択する。
  • 移動ボタンをクリックし、C:のsdcardを選択する。
  • ファイルの移動が開始されるので、しばし待機。
  • 移動が終了したら、元のDropBoxフォルダを確認し、何も残っていなければフォルダを削除し終了。

これで、もう2年は快適に問題なく使用できるだろう。

BlackBerry Classic

 iPad miniの代替PDAとして利用しているため、電話機能については分からない。
 小さい画面やアプリの充実度の低さなどに不安を感じつつの購入だったが、必要最低限ながら不満なく長く使えそうな印象を持った。
 時間泥棒されないプラス面が大きいように感じられる。

  • Evernote
    • 他OSと同様な使用感。
  • Mail for Gmail
    • 開封直後、即購入($1)。
    • Gmailに追加したメールアドレス(仕事用など)のFrom利用も問題なく、パソコンと同じ環境で作業できる。
    • デフォルト表示がスター付になるのは便利なような、そうでもないような。
  • CutePress
    • 新規投稿でなく、固定ページの更新やコメント承認・返信に利用。
    • GUIが簡素なこともあり、使い易いとは言い辛い。
  • SmartNews*
  • カレンダー(純正)
    • メインとするには厳しいが、不自由するほどではない。
  • Chrome*
  • マップ(GoogleMap)*
    • カーナビ機能は問題なく動く。
  • Twitter
    • ヘビーユーザでなければ問題ないと思われる。
  • Facebook
    • ヘビーユーザでなければ問題ないと思われる。
    • コメントへの返信が表示されない。
  • Box
    • 画像と動画を自動バックアップ。
  • Connect to Dropbox
    • 書類などを自動バックアップ。
  • Remember
    • iOSのリマインダー同様に案外便利。
    • Gmailのスター付メッセージを自動リストアップ。
  • 天気
  • Wikipedia for BlackBerry
  • FastTube
  • FancyTran
  • RocoEarthquake
  • 音楽
    • Bluetoothでの操作可能(SBH60)
  • みおぽん*

*androidアプリ

Wi-Fi ハードディスク

Dropbox(インターネット上)で共有する必要は無いものの、研究室内で共有すべきデータが増えてきたので、バックアップHDDを導入しました。
以下の点を考慮し「LHR-DS05WU3シリーズ」を選択。

  • HDD交換が容易である
  • iOSやAndroidでも利用できる
  • 研究室のWi-Fiから直接アクセスできる

基本的な設定は非常に簡便でしたが、使い易くするため幾つか工夫したので、そのメモとレビュー。

  • iOSとAndroidからは専用アプリを用いてルーター経由でアクセスできるにも関わらず、パソコンからは本機にアクセスし直さなければならないので、ルーター側で本機に割り振るIPを固定
  • それによって、エイリアス(Windowsではショートカット)でもアクセス可能となるので、その設定を推奨。
  • もう一手間かけると、(当然のことながら)外部からもアクセスできるようになる…が、面倒なことも増えるので自粛。

比較的規模の大きな研究室や事務所でも問題なく利用できるかと思います。
スタッキングでき、学年や部署別の管理が簡単な上、物理的に隔離できる点も利点かと。
ただし、大きなファイルを高頻度でやり取りするような場合はアクセススピードに不満を感じる…かも。

MVNO回線の設定

iPad mini向けnanoSIMを入手したので、その設定メモ。
接続できないと困惑する人が少なくないようだが、iOS7でも問題なく利用できる。

注意点は以下の2点。

  • NTT docomoでは使用できない文字がパスワードに含まれていないか確認する。
  • LTEでなく、3G接続を選択し、それに合わせて設定する。回線速度はADSLレベル。

プラスエリアで使いたい場合は、古いAndroid端末を持込んでテザリングすれば問題ない。
LTEについても、少し手間をかければ開通させられるようだが、OSの更新で解決されるだろう。
なお、iPad mini retina w/ iOS7でテザリングはできる。
WiMAXを解約して一本化するかについては、500MBを使い切った後の速度を確認し判断する予定。