魅力的存在であり続ける建物

  • 科学研究費補助金(基盤研究(C)・平成27年度-29年度)
    • 研究課題名
      住み手に魅力的存在であり続ける建物の物理的要素と心理的要素の探究
    • 研究組織
      柳瀬亮太(研究代表者)・松田昌洋(研究分担者)
    • 研究目的
      本研究は、建物が第2・第3の住み手に対して魅力的存在であり続ける(建物の平均寿命を延ばす)ために必要な要素の探究を目的とする。そのために、中古物件の利活用が盛んな地域にて、住み継がれる物件とそうでない物件を対象に、実測調査および環境心理調査を実施する。
    • 取組み
      2015年度:0429巡検@多摩NT、0516発表@人間・環境学会大会、0615巡検@長野駅・善光寺周辺、0716巡検@栃木市・大谷町・徳次郎町、0820打合・巡検@浜松市・飯田市、1019-調査@長野市内、1115講演・巡検@柏崎市、1116巡検@宿根木、1120打合@長野市
    • 関連成果
      柳瀬亮太,大和まなみ 『戸建て中古住宅に関する横断的研究:長野県須坂市の物件を対象として』人間・環境学会第22回大会 (May, 2015)
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中