推薦図書

 研究室に所属するにあたって、事前に読んでおいてもらいたい図書を気ままに並べます。
 50冊を上回らないよう調整しつつ、適当に入れ替えます。
 サラッと読める、複読を楽しめる、自らの変化とともに新たな解釈に至れる、そのような図書を残すようにします。

論語 現代に生きる中国の知恵 (講談社現代新書)

貝塚茂樹『論語:現代に生きる中国の知恵』講談社現代新書、1964
考える技術・書く技術 (講談社現代新書)

板坂元『考える技術・書く技術』講談社現代新書、1973
人間この信じやすきもの―迷信・誤信はどうして生まれるか (認知科学選書)

T.ギロビッチ『人間この信じやすきもの』新曜社、1993
信じることと、疑うことと (ちくま文庫)

なだいなだ『信じることと、疑うことと』ちくま書房、1996
生物から見た世界 (岩波文庫)

ユクスキュル/クリサート『生物から見た世界』岩波書店、2005
都市のイメージ 新装版
K.リンチ『都市のイメージ』岩波書店、1968
かくれた次元

E.ホール『かくれた次元』みすず書房、1970
人間の空間―デザインの行動的研究

R.ソマー『人間の空間―デザインの行動的研究』鹿島出版会、1972
人間のための街路

B.ルドフスキー『人間のための街路』鹿島出版会、1973
環境心理学

相馬一郎/佐古 順彦『環境心理学』福村出版、1976
環境の空間的イメージ―イメージ・マップと空間認知

R.M.ダウンズ/D.ステア『環境の空間的イメージ:イメージマップと空間認知』鹿島出版会、1976
まもりやすい住空間―都市設計による犯罪防止 (1976年)

O.ニューマン『まもりやすい住空間』鹿島出版会、1976
環境心理学による生活のデザイン

A.メーラビアン『環境心理学による生活のデザイン』川島書店、1976
認知の構図―人間は現実をどのようにとらえるか (サイエンス叢書 H- 1)

U.ナイサー『認知の構図-人間は現実をどのようにとらえるか-』サイエンス社、1978
知覚環境の計画 (1979年)

K.リンチ『知覚環境の計画』鹿島出版会、1979
構築環境の意味を読む

E.ラポポート『構築環境の意味を読む』彰国社、1982
風景学入門 (中公新書 (650))

中村良夫『風景学入門』中央公論社、1982
生態学的視覚論―ヒトの知覚世界を探る

J.J.ギブソン『生態学的視覚論:ヒトの知覚世界を探る』サイエンス社、1985
空間の経験―身体から都市へ (ちくま学芸文庫)

イーフートゥアン『空間の経験:身体から都市へ』ちくま書房、1988
誰のためのデザイン? 増補・改訂版 ―認知科学者のデザイン原論

D.A.ノーマン『誰のためのデザイン?:認知科学者のデザイン原論』新曜社、1990
心理学〈上〉 (岩波文庫)

W.ジェームズ『心理学〈上・下〉』岩波書店、1992
アフォーダンス-新しい認知の理論 (岩波科学ライブラリー (12))

佐々木正人『アフォーダンス:新しい認知の理論』岩波書店、1994
人間‐環境系のデザイン

日本建築学会(編)『人間-環境系のデザイン』彰国社、1997
環境デザインの世界―空間・デザイン・プロデュース

土肥博至『環境デザインの世界:空間・デザイン・プロデュース』井上書院、1997
環境と空間 (シリーズ「人間と建築」)

高橋鷹志/西出和彦/長沢泰『環境と空間』朝倉書店、1997
人間環境学―よりよい環境デザインへ

日本建築学会『人間環境学:よりよい環境デザインへ』朝倉書店、1998
建築・都市計画のための空間計画学

日本建築学会(編)『建築・都市計画のための空間計画学』井上書院、2002
人間環境の地理学

菊地俊夫『人間環境の地理学』開成出版、2003
環境心理学―環境デザインへのパースペクティブ

槙究『環境心理学:環境デザインへのパースペクティブ』春風社、2004
環境心理学〈上〉原理と実践

R.ギフォード『環境心理学〈上・下〉原理と実践』北大路書房、2005
環境心理学の新しいかたち

南博文『環境心理学の新しいかたち』誠信書房、2006
子どもを育てるたてもの学

高橋鷹志『子どもを育てるたてもの学』チャイルド本社、2007
環境心理学―人間と環境の調和のために (ライブラリ 実践のための心理学)

羽生和紀『環境心理学:人間と環境の調和のために』サイエンス社、2008
環境とデザイン (シリーズ人間と建築)

高橋鷹志/西村伸也/長澤泰『環境とデザイン』朝倉書店、2008
人文地理学
竹中克行/梶田真/山村亜希/大城直樹『人文地理学』ミネルヴァ書房、2009
広告