モノの重さと高級感-49

須坂クラシック美術館で目にできる几帳面。確かに、視覚的に文字の意味を感じ取れる。
  • 絶対的な正しさが存在しないのだから、自分なりの考えをひねり出してみよう。
  • かれこれ10年以上に渡って同じ手法を繰り返している。変更すべき時期ではないか。
  • 月100円程度となる負担を削って、スタートから不満が生じる可能性を高める必要は無かろう。
  • トイレットペーパーの向きに科学的正解が示されたようだが、そもそも不正解の向きを体験したことがない。
  • 重さは高級感と正の相関があるようだ。贈り物の選定に迷ったら、単純に重い方を優先すべき?
  • 本当は失くしていない情熱を 失くしたようなふりをするなよ #310
  • 排ガス対策で公共交通機関を無料化@台湾。自動運転が実用化したら、標準化されそう。
  • ブルーのキッチンが採用されている物件。撮り方が良いのか、魅力的に感じられる。
  • ネットワークにおけるパブリックとプライベートも理解されていない事例が確かに多い。
広告

チャットの功罪-48

ようやく動けるようになってきた。
  • 取得、その先の将来、どちらを見据えるべきか。簡単なようで、難しい議論となる。
  • 修了生3名が来訪。元気に充実した社会生活を送っていてなにより。良い人材を確保して、ポジティブな循環を。
  • Appleのチャットでのサポートを初めて利用したが、反応の遅さが…。ただ、仕事の片手間で依頼できる点は○。
  • 蓋を開けてみれば、予定より大幅に多くの申込みが…。しっかりと事前に把握できないものか。
  • 今年も楽しく選考できそうな感じになってきた。来週に改めて確認して改善したい。
  • 副作用が認められるのは効いている証なのだろう。
  • 両手合わせてマメが5つ。手洗いなどが苦痛に感じられる今日明日となりそうだ。
  • 研究に関わるシンポジウムに出席。概ね取組んでいる内容と考えは妥当と判断して良さそうだ。
  • まだ、負荷を高めるとピリッとくる感覚がある。治っているのだろうが、常に加減してしまう。

1つのボール-47

えびす講の花火を職場にて鑑賞。毎年のことながら、冬の始まりを意識する時期になった。
  • 学科会議後、打合せ3を経て、教員会議へ。報告事項は資料配付でも問題無いように感じるが、どうか。
  • 日本建築学会奨励賞を受賞したH先生を祝う会に出席。このような会を多く開催できるよう過ごしたい。
  • レジュメの出来がよろしくないので、特論は延期に。無理して受講する必要は全くない。
  • 博士論文の予備審査。指摘事項は概ね共通しており、本審査に向けて確りとした改訂が望まれる。
  • 卒論・修論の提出まで残り2ヶ月ほど。ちょっとした質問が増えてきて、不安を感じ取れる季節となってきた。
  • 祝日、午前中のサッカーを終えて、午後から職場へ。えびす講を学生部屋で楽しんでから帰宅。
  • 数年ぶりに中学時代の旧友らとフットサル。いくつになっても、1つのボールを介して楽しめる機会を持ち続けたい。
  • 少年サッカーのコーチを終え、太股裏の違和感が再発。昨日の加減が充分でなかったか…。

自分の時間-46

時間が余ったので、新幹線を利用して移動し、台中国家歌劇院などを急遽見学。
  • 天候にも恵まれ早々に巡検を終えられたので、南下して台中国立歌劇院などを見学。
  • 結局、宿泊先で洗髪することなく帰国。インフラや設備の有難みを感じた日々でもあった。
  • 午前中は定期歯科検診。半年前より状態が良くなっていて、初めて褒められた。いくつになっても嬉しいこと。
  • 午後はM1・M2ゼミを行い、週末の入試準備。残すは前日の会場設営のみ。
  • 今回も思うような改善傾向は残念ながら見られなかった。焦らず最善を尽くすのみ。
  • 製図第4の後半スタート。7週間で1テーマと忙しないだろうが、しっかりとした取組みを期待したい。
  • 自分の時間を確保しないと、先々の自分が瘦せ細る。
  • 大きな勘違いに自分自身もビックリ。関係者各位をドキドキさせたレベルで留まり幸いだった。繰返さぬよう注意するのみ。
  • まだまだ違和感が消えないため、サポーターを購入。不安感は緩和されたが、思い切った一歩は難しい。
  • Jリーグユース杯決勝をUスタにて観戦。もっと多くの人、特に子供に見てもらいたい好ましい試合だった。

図面規則-45

今年はレンタルスペースに設置する机と椅子が課題。ここから一週間が正念場となる。
  • LAVIE NM150の設定を完了。キーボードに少し違和感を感じていたが、問題無さそう。
  • Psychology of bathroomを読了。多くのことに関心を持ち続けてくれることを願う。
  • 図面提出に際して、出力時間を充分に考慮できなかった学生が20名超と多くみられた。ファイルサイズを把握できておらず…納得。
  • 追加追加が重なり、ようやく揃ったデータを受取れた。作業量は大したことでないが、間違いが生じないように注意せねば。
  • スケールバーや方位が描かれていない図面があまりにも多い。要件に書かれていなくても、何が必要な要素か考えながら作業に臨む態度が大切。
  • 講義棟のプロジェクタとLAVIEの相性が悪く、Vaioにて講義。Windows10だったからか?
  • 日式住居の巡検で3.6万歩。google mapを利用できなければ、5万歩を超えていたことだろう。
  • 巡検後、台湾大学の学生とミニサッカー。肉離れした太腿を気にしつつ、多国籍な雰囲気を楽しんだ。