約20年ぶりの再会-05

眺望の素晴らしい部屋に宿泊でき、滑る時間は短かったものの良い週末を過ごせた。
  • 次年度以降の研究準備のため大阪へ。台湾の先生とも連携するので、事前に要調整な事項が比較的多くなりそう。
  • ちょっと気になるカシオの新スマートウオッチ。審判担当の際に必要な機能などが含まれておらず残念。
  • 修論・卒論ともに提出に至ったようで何より。まずは休んだ後、来週の発表準備をシッカリと進めてもらいたい。
  • 解体だけでなく、再生に対する助成も進めてもらいたいところ|傷んだ空き家の解体後押し
  • 白赤が増えて、本命は微増。とにもかくにも、希望を持てる現在に感謝しつつ気長に付き合うのみ。
  • いつも通り、寒さに負けずフットサル。平均年齢が比較的低かったせいか、肉離れ負傷者が出る内容となった。
  • 大阪に続いて、次年度以降の研究準備のために名古屋へ。とりあえず、留意すべき点を見出せたのは収穫だった。
  • 心の汚れは水溶性ではないから油とアルコールで…も良いだろうが、個人的には発汗が一番。そして、その後に油分。
  • 旧友と約20年ぶりに再会。時間の経過はあまり感じず、先週の続きのような体で時間を過ごせた。次の再会は1年以内となる予定。
  • 週末は恒例のスキー。こちらは20年以上の付き合いが継続中。今年も16人が集まってニギヤカな会となった。
広告

リストラされたおじさんたち-04

比較的スムーズに回答を終えている学生が多かったように感じられた。採点作業は来週以降に。
  • 無事に終わったばかりだが、確かに心配|2年後、センター試験廃止で大学入試は「カオスな世界」になる
  • 試験監督は「会社リストラされたおじさんたち」?そういう風体を含め、大学教員や研究者に憧れていた記憶がある。
  • 来年度、出張する予定があるのでメモ|ニューヨーク荷物預かりサービス
  • すぐ怒る人って、「怒って人に言うことを聞かせた」成功体験があるからすぐ怒る…ではなく、「聞いた人」ではないか。
  • ロボットも安心できない世の中になるようだ|「変なホテル」、ロボット従業員の半数を“リストラ”
  • 聞く気持ちを持たない人には、工夫したところで本意は伝わらない。それを前提に行動する必要がある。
  • 3Dスキャン技術の進展も楽しみなところ|室内のパノラマ写真から3D間取り図を半自動作成
  • 結局のところ、省エネになったのだろうか。環境を破壊しただけか|すたれゆく太陽光発電ブームの残滓
  • WordPressの広告が目に余るようになったこともあり、tumblrへの回帰を決めた。無駄を削ぎ落としつつ、データ移行…。
  • 作業には数時間を要したが、雑務の合間合間に行ったので良い気分転換になった。
  • サッカー審判の免許更新手続きを進めようと、当該サイトにアクセスしたらメンテ中。
  • 学生はバナー広告を気にしていなかったようだ。耐性レベルが大きく異なるのか、単なる世代間ギャップか。
  • ちょっと不注意で愛車のリアガラスを破損。見事にバラバラになって笑ってしまった。

成長の種-03

センター試験業務を無事に終えて一安心。今年は一足先に帰れる教室で幸運だった。
  • 三連休最終日は体育館にて少年サッカー。もうしばらくは余裕を持ってプレーできそうだ。ここからの成長に期待。
  • 大学院の講義を終えて、少し相談事。今後のビジョンに関して具体的なイメージを持てるようになったと感じた。
  • 例年と異なる業務のため、説明会後に居残って幾つかの事項を確認。あとは臨機応変に対応するしかない。
  • 昼休み、製図課題の受取り。期待を上回った人も多く、明日の講評会が楽しみなところ。お疲れ様でした。
  • 週末業務の準備を終えてから講評会へ。基礎的な要素の欠落など以上に、他者の発表に臨む態度が残念だった。
  • 自分自身だけでなく、他者の発表や講評にも成長の種は存在するもの。貪欲に拾ってもらいたい。
  • 今度こそ最終打合せ?より良い作品となるよう、時間の許す限りギリギリまで顔を合わせて話をつめる。
  • 他の教室とは異なる時間で動く業務だったが、思いのほかスムーズに終えられた。全体も問題なく何より。
  • 冷え込みに負けず、夜はフットサル。昨年末に苦しんだ肉離れの症状が治まったので、徐々に調子が上がるはず。

A4用紙の持込み-02

不思議というか、豪快と言うべきか。ユニークな動線を楽しめる駅舎が少なくない。
  • 研究室での仕事はエスキスでスタート。今年からの取組みながら、想定していた内容にはなりそうな気配。
  • 学科会議を終えて、須坂市に学生と共に移動。打合せは学生に任せて、自分自身は協議会へ。新年早々バタバタ。
  • 院生向け講義も来週で終わる。2月3月の時間を有効に使う準備を進めるとしたい。
  • インフルエンザ罹患を含む体調不良のためのゼミ欠席者が…。焦っても仕方ないので、しっかり療養してもらう。
  • 5月の学会での発表準備、3月が重要な時期となりそうだ。年度末〆切な仕事を早めに進めるとしたい。
  • 副査として関わる博士論文を受けとった。さて、どのタイミングで目を通そうか。
  • 学部生の講義を終えて、後は試験を残すのみ。今年もA4用紙の持込みを可としたが、評価できる学生は何名か。
  • 週末は大阪へ。毎回、面白い発見があって退屈しない地域。用件に加えて、2万歩/日ほど歩き回って楽しんだ。
  • 長野駅での下車時、ビシッとした冷えた空気を期待していたが、大して冷え込んでなく残念な気持ちに。

謹賀新年-01

階段空間に並べられていた図書も魅力的に感じられ、新年早々楽しい時間を過ごせた。
  • 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
  • 今年は喪中のために年賀状ではなく、寒中見舞いとなる。完全に止めてしまうか悩ましいところ。
  • 年末、合羽橋で購入した出刃包丁にて尾頭付きを3枚におろし、煮て焼いて食した。満足。
  • 早過ぎるペースに追いつけない人は 周回遅れで並べばいいさ #310
  • 仕事始めは年度末締切の原稿の下書き@コトリの湯。思っていた以上に快適で、定期的に利用することになりそう。
  • SFCの練習にて蹴り初め。ゲームでも息切れすることなく、諸々改善してきたように感じられた。ありがたい。
  • 北信地区予選を勝ち抜き、来月の決勝大会へ進むことに。事後の撮影を失念しない常勝チームを目指すとしたい。