想像する意識-25

すいすいタウンを利用して出勤。定額制レンタサイクルの導入が待ち遠しい。
  • ル・マン、昨年に続いてTOYOTAの勝利ならず。来年に期待したい。
  • 9時から昼食30分を除いて、夕方まで会議。報告については、上手い工学的仕組みを考案してもらいたいところ。
  • 30年ほど前から何となくできたら良いなと思っていたことが実現。機会への準備が大切だ。
  • ダム放流事故、そもそも想像しなかったのか、想像力が低下してきている現れなのか。
  • 時間に余裕がないために生じる問題が目に余るようになってきた。なぜ、そんなに仕事を詰め込むのか。
  • スポンジ・ボブ”人間バージョン”がリアルすぎて面白い?怖い?
  • 奨学金問題だが、富裕高齢者が年金を月単位で寄付できるようにしてはどうか。将来的には、年金問題の解決にも一役買うように思われる。
  • 夏休みを10日間にして、1日あたりの授業時間を短縮。家庭や教員が選択できれば良さそうに思う。
  • 雨降りな日は頭が重くなる。ただし、物理的になので大した問題ではない。
  • 半期分の単位を取り消される学生が…。この時期の風物詩となって欲しくはないものだ。
  • 人生はしっぽのようなものである 長さではなく美しさこそ #310
  • 名大、博士学生をフルタイム雇用。年俸300万円
  • 図々しいかと自粛していた設定を変更。これからどのような効果を生むか楽しみなところ。

保護中: 学部

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 院1

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 院2

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

保護中: 環境心理学ゼミ

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。