FAQ

.
.

    研究室について

  • 研究室はどこにあるのですか。
    • 教員用・学生用ともに、信州大学 若里キャンパス 建築学科棟4階にあります。
    • 実験室は1階にあります。
    • 住所は、〒380-8553 長野市若里4-17-1です。
  • 面談したいのですが、どうすれば良いですか。
    • いつでも訪ねてもらって結構です。研究室に在室しているときは、できる限り対応します。
    • 面談が30分以上を要すると予想される場合・予約を希望される場合は、メール(ryota@shinshu-u.ac.jp)にてご連絡ください。日程・時間などを調整します。
  • 研究室の雰囲気はどのような感じですか。
    • 当研究室に所属している4年生・院生を見つけて話を聞くか、研究室・実験室訪問をオススメします。
    • 時期によっては実験や調査への参加や協力の依頼を受けることがあるかもしれませんが、色々な質問に答えてくれるはずです。
  • 年間のスケジュール・行事予定など決まっていますか。
  • 指定されたパソコンを使う必要がありますか。
    • ありません。ただし、論文作成に必要なソフト(Office・iWork・TeXなど)がインストールされていることは必要です。統計分析については、専用のパソコンを用意しています。
    • 自らのパソコンを持ち込んで、研究室のLAN(有線/無線)へ接続すること、ファイルサーバーやプリンタを利用することができます。
    • 各種設定や管理については、必要に応じてサポートします。
  • 他大学から進学できますか。
    • できます。
    • 希望する研究テーマが当研究室の取組み(環境心理学研究)に関係するのであれば、基本的に出身学部・学科は問いません。
    • 建築学に限らず、多様なバックグラウンドをもつ方を求めています。

    .

    研究について

  • どのような研究に取組めますか?
    • 基本的に「人間と環境に関係する事象を扱うテーマ」であれば、内容や対象の選定は原則自由です。
    • ただし、取組む側面や手法などの検討を通じて、内容の変更が必要となることはあります。
  • ゼミは、どのようなスタイルで行っていますか。
    • 文献の輪読、各自の研究テーマに関連する論文発表、研究手法の確認などを中心に、定期的(概ね週1)に行っています。
    • 学術論文の書き方、統計分析・プレゼンツールの使い方、Wiki、Tumblr、Twitterなどの活用法を修得する機会としても考えています。
    • 希望があれば、インターネットを利用した実験調査を支援します。
  • 研究テーマはいつ頃、どのように決めるのでしょうか。
    • こちらを参照してください。
    • 基本的に「学生二人での共同研究」は行わないようにしています。
    • 個々人が関心のあるテーマに責任をもって取組み、卒業研究・論文作成することを重視します。
    • ただし、個々人がお互いに協力し合うことは大切です。その過程で、研究だけでなく、今後の生活に欠かせないものがえられます。
  • 研究はどのように進めていくのですか。
    • 概ね週1でゼミを実施し、文献の輪読・研究テーマの選定・(研究が始まったら)進捗状況や発生した問題などの報告を行い、今後すべきことを話し合って進めていきます。
    • 研究の重要な局面・卒論および修論の提出や発表が行われる時期、特に査読論文の作成時には、日時を問わず臨時ゼミ・個別の打合せを実施します。

    .

    その他

  • 就職に有利ですか。
    • 研究室に所属することで特定の進路が決定することはありません。(進路を参照)
    • 就職活動後に「(当研究室に所属したことが)有利に機能した」と感じることはあるかもしれません。
  • 長期休暇に休めますか。
    • 個々人の目標や進捗状況によって変動します。
    • 基本的に「8月中旬〜下旬・年末年始・3月下旬」は休みにしています。
  • 研究室に所属後、アルバイトを続けられますか。
    • 大学・大学院に『なぜ』進学したのか考え、自分自身で判断してください。
    • アルバイトに限らず、研究と様々な活動を両立しているゼミ生は少なくありません。また当然のことながら、アルバイトをしない=素晴らしい研究成果を残せる条件ではありません。
    • しかし、4年生後期・大学院ではスケジュール管理が困難になるので、その時期は研究に集中できるように自ら調整すべきでしょう。
    • 実験や調査は、自分の都合でなく、協力者の方々を優先して進める態度が大切です。
  • 毎日来なければダメですか。
    • 大学・大学院に『なぜ』進学したのか考え、自分自身で判断してください。
    • 誰かに「毎日食事をとらなければダメですか?」と問われたら、どう回答しますか?
  • 修了・卒業生の就職先について教えてください。
広告