フェアプレーの両義性-26

例年より1か月早く実施された科学の祭典@農学部に参加。
  • 中国ほどではないだろうが、2020に向けてキャッシュレス化は急激に進みそう。
  • 学用車に空きが無いので自家用車で向かう。そのまま、白馬方面に向かってしまいそう…。
  • 大久保がジュビロに移籍し、後半戦の楽しみが1つ増えた。諸々調整して等々力に行かねば。
  • 北海道の国立3大学が4年後の統合に向けて合意書を締結したようだ。私大も同様な流れになるのだろうか。
  • 多様な居場所の新設は好ましい傾向に感じられる|学内に癒やしの読書空間
  • 4人が揃うのはもう少し先となりそうなものの、2月に向けての意識の高まりに期待。
  • 会社の学校化が進んでいる?その逆も洒落になってないが、地道に抗い続けたいものだ。
  • コロンビアの安定感を鑑みたら正しい判断だろうけど、本意を貫いて締めくくってもらいたかった。
  • 警告数の少なさは誇るべきこと。悪質なファールやシミュレーションのような不快なプレーは目にしたくない。
  • 確かに…|体育は”教育”でなく”測定”しかしてないんですよ。「この子はできるのか/できないのか」の判断しかしてない。
  • いろいろクリアになって受け入れの不安が解消された。ただ、言葉の問題を軽減できるように努める必要がある。
  • 繰返し言われてきていることながら|「ピンハネ」が、日本を貧しくしている。
  • 新入生ガイダンスで例示する内容。留年も本当に些細なことが引金となる|ホームレスが路上生活始める意外すぎる事情
広告