合同ゼミ合宿

zemi

今年は、京都府立大学松原研究室と総勢6名の教員が関わるカタチで研究会を開催。

  • 他分野との連携・交流
  • 学生間の議論

という目的は充分に果たし、教員・学生ともに実り多き時間となった。
次年度以降も、細かな変更を行いつつ、活動を継続していきたい。


2017信州大学柳瀬研究室,京都府立大学松原研究室合同研究会 プログラム

13:00 開始
第1部 教員の挨拶など
 柳瀬 亮太(信州大学):+会の趣旨
 松原 斎樹(京都府立大学):+府大の概要
 小浜 朋子(静岡県立芸術大学)
 陳 建中(畿央大学)
 柴田 祥江(京都府立大学)
 戸田 都生男(ものつくり大学)

第2部 院生・学生の研究発表
 M2石井 琢也:寒暑をしのぐ意識・住まい方から見る町家型住宅居住者の特徴(仮)
 M1木師 舞子:デスクレイアウトと抑制される動作の関連性
 M1赤田 智哉:複合環境下における感情状態と注意配分に関する研究
 M1杉山 光暉:路地のアプローチ空間が来訪者の態度に及ぼす影響:長野市街地における現地調査を事例として

休憩

  B4 淡路谷 直季:大学生居住者の意識・価値観と住まいの実態に関する調査研究
  M1 武知 孝:ランダムパターンを生成する視覚的条件と印象評価の関係
  B4 金 悠希:小学生とその家族の環境配慮行動に関する実態調査:京都府夏休み省エネチャレンジ参加者を対象として(仮)
  M1 山崎 遥:公共空間におけるストリートパフォーマンスの特性が演者と観客の関係性に与える影響
  D2 羽原 康成:オフィスにおいて植物の緑が快適感とエネルギー消費量に与える影響に関する研究(仮)

総合討論

懇親会

広告