覚悟のレベル-37

初めて大内宿を訪問。多くの人が丁寧に関わって、地域を粘り強く盛り立てていると感じられた。紅葉の季節がオススメらしい。
  • 定例の学科会議を終えて、M2ゼミ。そろそろ残り時間を意識し始める必要がある。
  • 8時過ぎの新幹線に飛び乗って、まずは黒石へ。初めて青森県に足を踏み入れた。
  • 青森県に加え、福島県内の住宅地も巡検。地域に由来する特徴はドコも確実に薄れてきている。
  • 野口英世に関わる建築に遭遇。幼少期に読んだ伝記の記憶が鮮やかに蘇った。「志を得ざれば 再び此地を踏まず」
  • 大内宿まで足を延ばし、保存地区とその周辺を巡検。地元の方との対話が新たなテーマにつながるヒントとなる。
  • 前回に続いて、はくたかに乗車したため眠らずに長野着。急がないときに限って、あさまに巡り合えない。
  • 午前中は書類作成、午後はゼミ。講義が始まる前に、アウトラインだけでも完成させねばイカン。
  • いつも通りハードな週末となった。明日からは京都でゼミ合宿など。
広告