たまには上を向いて-44

たまに空を見上げると、馴染の街に見慣れぬ光景が。
  • フットゴルフの某大会にエントリー。先着順とのことだが、どうなるか。
  • 努力してもムダな仕事が「若者の貧困」を生む。そういう仕事は無いと言いたいが、そうでもない。
  • 電話やノックが続くと、在室していたくなくなる。結局、進めたかった仕事に取組めず終わった。
  • 時間に余裕は無いが、友人から「暇?」と尋ねられれば「暇」と返すだろう。そういう性分。
  • 気にはしていてくれたようだ。金曜までに返答が届くことを願うのみ。機材が揃えば、実験を行える。
  • 相手は人使いの名手。学生が個人で敵うわけがない。
  • 10年もすれば影響が顕在化するだろうな…|国立大の基礎研究費削減、全国の理学部長らが反対声明
  • まちづくりWSを終えて帰宅。寄せられた意見が、どのように反映されていくのか見届けたい。
  • 自宅とファミレスのどちらで作業を進めるか悩ましいところ。広い机を置ける家に引っ越すか。
  • 学生から「明日のゼミでは…」とメール。一日ズレてるぞ。
  • 今週末は盛りだくさん。分刻みなスケジュールを何とか乗り切って…明日から働く。
広告