光の単位-23

早いもので、前期講義は半分の内容が終わった。
  • 数カ月前に申請していた研究助成について残念な通知が届いた。内容を見直すとしよう。
  • オマケで長くなると徒労感が大きい。
  • 進学について考える機会が増えているようで、そうなっていない証左ではないだろうか。jppress
  • 小学校トイレの物理的環境は格段に良くなっているはずなので、教育が追いついていないのだろう。
  • いつものバスに乗るべく200mほどランニング。そのまま職場まで…とは思わないが、もう1つ先までと思わせる松本の歩行環境と気候は魅力的。
  • ビフィズス菌と繊維の摂取が肝要。食習慣が変容し、過去の当たり前が難しくなってきている。
  • オデコでピシッという音が…。早くも日焼けした皮膚が割れてきた。
  • 懐かしい記憶が蘇る場所が無くなるようだ。恐らく、保存されることはないだろう。
  • 光の単位の相互関係…難しい。院試の際に勉強した記憶はあるのだが、あまり深く掘り下げていなかったということだなぁ…。光育
  • ハングアウトでの打合せだが、面と向かって話すよりも記憶に残り辛いように思う。議事録のようなものを残した方が良さそうだ。
  • 学生時代は楽しそうな分野と漠然と考えて選択したに過ぎないが、今後はEngineering Psychologistというキャリアとして考えられるようになるのだろうか。
  • 8月下旬まで例年よりもタイトな日々となりそうだ。
  • 講習会を終え、フットサル4級審判員資格を取得。次はサッカー4級審判員を3級に昇格させるか、指導者D級を目指すか。
広告