迎春-01

住宅調査を終えた後、いつものカフェにて雑談を継続。
  • 仕事始めは、新たな教員を迎えての学科会議。変更は比較的少なく新年度を迎えるはずだが、それでもバタバタな感じ。
  • 思っていたよりも準備が進められておらず拍子抜け。それなりにこなしたようだが、身についていない感が強く感じられた。
  • 機構や大学ではなく、第三者機関の評価によって段階的に免除されるような仕組みが作られるのはいつの日か。
  • あらゆることに最大限の熱量を投じる必要はないが、最低限ばかり考えていると何もできずに燃料が尽きてしまう。逃げる熱量も計算しないと…。
  • 来月から新たな仕事に取組むことになった。拙速と巧遅の選択を考えつつ、研究以上に長いスパンで物事を捉えていくとしたい。
  • 携帯電話の未読メール500件超、全消去してしまいたい衝動を抑えつつ確認。
  • 鋏を鋏としてのみ使うよう強要するレベルにまで落ちるのか?
  • いまいち、ヤル気が湧いてこない状態で2コマを終えてしまった。新年早々よろしくない。反省。
  • 組織事務所に就職したOBが来訪。なんだかんだで2時間ほど雑談し、ゼミを行っていた頃の感覚で対応してしまった。
  • 建築士会の方にご協力いただいて、住宅調査を実施。幸い降雪は無かったものの、1時間超の散策しつつの回答、ありがとうございました。
  • 体力的に厳しい中、事前から課題としてイメージしていた通りのゴールを決めることができてガッツポーズ。こういう大人も悪くない…はず。
広告