添削の連続-41

石積みの美しさを間近で目にできる、通常見学では入れない場所にて撮影。
  • 意図していたわけでないが、諸々よいタイミングで処理できそうだ。各々が少しずつ頑張れば問題は生じないだろう。
  • 学科での歓迎会をメモリーにて開催。今回は雑談だけでなく、ポアラーの効果を楽しむ会となった。
  • 毎年のことながら、自己申告書を作成開始。過去1年分を削除し、直近1年のデータを追記するだけだが、気づけば1時間が…早々に終えねば。
  • M1対象のベンチづくり課題の班分け。ここから2か月かけて詰めていくことになる。多くの人に親しまれる案が提出されることを願う。
  • 1年生の講義にて松本城を見学。秋晴れに映える国宝の天守を目にできて、学生には掛替えのない体験の1つとなったことだろう。
  • 某申請書のアドバイザーとなったため、よい結果が届くことを祈念しつつ、幾つかの申請書を通読し(勝手な)意見を朱書きさせていただいた。
  • しばし、非日常的な環境へ移行。とは言え、居住空間以外は大きく変わることなく、通常営業が続く。
  • 数件、深刻に感じられる問題が…。個人的な考えはそれなりにまとまったが、それが最良かヒトや立場などによって異なるだけに判断が難しい。
  • パッと見たときは問題なく感じられたが、すんなりと受け入れられるレベルになくガックリ。意図的に暈されている箇所は、特に念入りに指摘する必要がある。
広告