夢中になれるもの-23

道路を活用したオープンカフェにて見かけた思わぬ行動。
  • 事前打合せの必要性を感じられる良い機会に遭遇。急がば回れ…だ。
  • 数年ぶりに地元のファミレスをランチで利用。仕事を持込む人が増えていたが、店側にもメリットはあるように感じられた。
  • ようやく、スタッドレスタイヤからノーマルタイヤに交換。次の課題、洗車は梅雨明けになりそうだ。
  • まちづくりの視察で来訪された方々に、自己紹介→前菜→講演→メイン→講演・質疑という具合で、昼食を自分自身も食べつつ講演。愉快な体験ができた。
  • 次の作業者を慮って資料は残す必要がある。
  • 作業と甘いモノを切り離せなくなりつつある。問題でもないが、ガムなどと置き換えたいところ。
  • 日々数時間だけでも、何かに夢中になっていられれば、それで良い…かな。
  • 地中化された電線などの地上設備をどうにかできないものか。
  • 梅雨入りし、気温が低下。1日の気温変化が小さくなって、過ごし易くなった。
広告