行動観察の聖地-20

座り辛く、寝そべれないデザイン。
  • 満足いくまで質疑を行うと、30分/人でも足りないな…。とは言え、受講生が多いので仕方ない。
  • スムーズに実験が進んでいるので、来週は分析に入ることになりそうだ。久々にレポートでなく、プレゼンで締めくくりたいものだ。
  • 価値観の多様性を促すのではなく、収斂させる動きに違和感を感じるところ。同感
  • 新たな取組みを否定はしないが、これまでの成果をできるだけ精査して進めて欲しい。
  • 司会や発表を担当しない教員の義務を果たすべく、グルグル回って指摘・質問を繰り返した。
  • 行動観察研究所が大阪に存在する意義を理解できたと感じられた。街の動きを少し意識するだけで、とにかく退屈しない。
  • 今回は粉モノを軸としたので、次回はニクを中心に据えるとしたい。
広告