control-47

恒例となりつつある見学会@松本市美術館。
  • そう遠くない将来、起こる変化について議論。心にだけでも余裕を持つ必要がある。
  • 2020年を目処に、都内だけでなく、方々に有料かつ優良なトイレが今後どう増えるのか。食事処と同等なバリエーションが展開されるようになるのか、非常に楽しみなところ。
  • クルマのバッテリーを発注。3年経過したバッテリーを交換せず、信州の冬を無事に越せるとは…思えない。今回もCCAを重視して選択。
  • 松本市美術館の建物見学会後、藤松博展。生涯を通して変化した作風、特に人間(のカタチ)に対する感覚が興味深く感じられた。
  • 実験調査が進み、徐々にカタチになってきた。残り2ヶ月少し、ここからが正念場となる。
  • 遅れての提出者が多かったようだが、発表に至った最終型は力作が少なくなかった。後半の課題への取組み姿勢が楽しみなところ。
  • 週末は法事のために帰省。穏やかな天候に恵まれ、父親を偲びつつ、楽しい時間を過ごすことができた。次は8年後。
  • 雪に降られることなく、無事に帰宅。早めにタイヤとバッテリを交換するとしたい。
広告