日本建築学会北陸支部大会-20

歩行者優先を感じさせるハンプ@金沢工業大学。
  • 今年のタテコンは130人が参加と、いつになくニギヤカだった。有意義な時間を少しでも多く過ごせるよう、タテヨコの繋がりを大事にして欲しい。
  • 広い空間でなく、人間を背負う方が為になる?
  • 旭キャンパスで実施している朝食サービス、工学部でも早々に始めてもらいたい。
  • 松本駅前30℃。とは言え、湿度が低いせいか、駅まで歩いたものの発汗は少なく爽やか。
  • 時間調整にマックを利用したところ、絶妙に居心地が悪く感じられる。椅子や机の寸法、レイアウト、空調など…全てが快適と不快、両方の閾値ギリギリ。快適なポジションを探ると、ダラシナイ姿勢になってしまう。大人になったということか。
  • 住宅は「今年9月末日までに契約した物件であれば、消費税が上がる予定の来年4月以降に家の引き渡しが行われても、現状の5%の消費税しかかからない」らしい。http://www.muji.net/mt/ie/column/sumai_130514.html
  • レベルが上がると疲労度は下がるはずだが、体力低下で反比例。
  • 学会大会にて金沢へ。今回は宿の選択に成功し、ストレスを感じることなく良く眠れた。食事の店も当たり続きで過ごせて満足。
  • 表通りから一歩入った通り沿いに、せせらぎがあり、そこにニギワイが創出される。長野市街地にも…。
  • ゼミ生が若手優秀プレゼンテーション賞を受賞(信大では計3人)。少しでも意識して課題に取組むと、結果がついてくるもの。
  • 最終日は大雨。クルマでの移動だったため、シンポジオンを中座して帰宅した。今回の土産は烏鶏庵のカステラ。
広告