年度末-13

眺望の撮影が可能となった善光寺山門。
  • とある講習会に参加。結果を都合良く解釈し、実態を誤解しているように感じられた。このまま変わらないのだろうか。
  • 休暇をとって、信州を観光。まだまだ新鮮に感じられる場所が多く、退屈するに至らない。スイスのように、電車で巡れる環境があれば…。
  • 老若男女問わず、海外からの観光客に対しても素晴らしく価値のある存在と見て取れ、市街地における湧水の魅力を改めて感じる。
  • 乗り物に頼ること無く、歩いて回れる環境づくりが地域の魅力を高める第一歩であることは変わらないだろう。
  • フロンターレvsヴァンフォーレを等々力陸上競技場にて観戦。天候と試合内容はイマイチだったが、スタジアムの雰囲気や旧友との再会などを楽しんだ。
  • お彼岸から少し遅れての墓参り。例年にない寒さに見舞われたが、お陰で満開の桜を目にできた。
広告