人間・環境学会第19回大会@横浜国立大学

昨年度の修士論文にてまとめられた成果(以下の研究題目)を発表しました。

  • 志田大地,柳瀬亮太,丸山日惠 『木質壁面の凹凸が触知覚による印象評価に及ぼす影響』 人間・環境学会第19回大会 (May, 2012)
  • 加藤伸康,朝日大和,柳瀬亮太 『「まど」に関する実験的研究 障子の組子割りが人の個体域に及ぼす影響』 人間・環境学会第19回大会 (May, 2012)
  • 柳瀬亮太,塩入勇生 『内壁の有無と色彩が空間評価および生活行為に及ぼす影響』 人間・環境学会第19回大会 (May, 2012)
広告